FC2ブログ
2016-01-11(Mon)

第2ポジションへ

新年になって、第2ポジションへ。
第1ポジションの変あクセも直せていないのに。

でも、立ち止まっては詰らないよね。
P1050246.jpg

使う指は1.2.4との事。

1ポジの2番から1番が始まる。
          2番は倍の広さが必要。
          3番は従来通り?
          4番はしっかり開かないと届きません。適切ではないのです。
スポンサーサイト
2015-11-16(Mon)

チェロ教室 6回目 11月16日

もう6回も通ったんだ。音が鳴るたびに嬉しい。

何回も先生に指摘して頂いた。マンツーマンはこれが良い。

第一ポジションを早く、獲得したい。あせらずに、獲得できる指ポジションを探して獲得しよう。

チューナー,OK。姿見、OK。「最初の一指」から始めよう。

宿題
C線だけで、1・3・4指、4・3・1指でチュナー,OK音を出すこと。

おもくろいゼ。
2015-11-09(Mon)

チェロ教室 5回目 11月9日

さっそく、宿題をみてもらった。

残念!。.
やっている方がダメ出しをしてしまう状況。(涙);

1.第一ポジションのままで、ADGC線を順次押さえる。
P1050112.jpg
先生のC線の1ポジ

 目で追いかけても、第一ポジションを維持できなかった。
 移弦の際に1番から再度、探している状態だよ。C線からG線、D線、A線まで4回探してる。と指摘してもらう。
 指板に付けたマークを目で追いかけてもいいから、第一ポジションを覚えよう、と励ましてくれた。

 言い方を、私流で言えば、「ゼンゼンダメじゃん。ホントに練習してきたの?」となる。これはホントにダメだと思う。
P1050111.jpg
先生のA線の1ポジ 脇の空きかげんだけが変わっている。私は腕全体が動いているんだって。もちろん手首もね。
 
2.はじいて2オクターブの音をだす。

 そんな状態だから、指ではじいても音階は取れない。 ところが、それでも弓を持ってやってみて、と促してくれる。
 やってみるとやっぱりダメ。
 でも本物はサイレントチェロよりずっと良い音がでる。音が出るだけで嬉しい。

 音を探しながら挑戦してみると、
 C線から始まって折り返しのA線までは、まあまあ許せるかも知れない状態。
 でも、帰りがだんだん悪くなる。
 帰りのC線では、指で探しても場所が分らなくなるほど音程ズレがひどかった。
 
 先生曰く、①チェロと体の間隔がどんどん開いている。しっかり3点で固定して。②左の腕と肘が動き過ぎてる。動かすのは脇だけだよ。特に帰りになると、掌がネックの上部に移動しすぎてる、と。

 自分では音程だけに集中してしまい、昔習ったことなど何一つも確認作業はしていなかった。
 弓で弾いてみて、と促して下さった事に、感謝・感謝。

やはり、「できるか、できないかでは無く、望むか望まないか」なんですね。

思いのたけを思いっきり質問し、答えを頂いた。
・移弦の際、0番(親指)の位置は変わりますか?・・・そのままですね。
・自分で引くと音が濁っていてつまらない。・・・・・・・・・解放弦ならイイ音が出てるので、きっとできる。そのつもりでやろう。
P1050110.jpg

ヨシ、乗った。あとは、やるだけだ。
100均の鏡では小さすぎて役に立たない。やっぱり姿見を買おう。さっそくAmazonで購入した。

宿題
①・4指を全て使って、こすりながら、C線の「ファ」からA線の「レ」まで弾けるように!
 (ブログを書きながらやってみると、かなり辛い。んんん・・・)

②・もう一つ課題を出して貰ったが、これは①ができてからやろう!

年が邪魔して素直になっていないのか?
イヤ、違う。私個人の意思が素直に受け入れていないだけなんだ。でも、望んでいる自分を発見できた。良いことだ。

We need Babysteps. Babysteps into a Great stride. NHKさんのマネ。
2015-11-02(Mon)

チェロ教室 4回目 11月2日

昨日まで練習してあまりに出来ないので、もう放り投げておいた第一ポジション。
昨日までの私の第一ポジション。
P1050092.jpg
指板にテプラを貼って、指のおき場所に目印を。

今日、思い切って先生に尋ねてみた。すると、的確な回答が。
やはり人は人に学んだ方が良い。勝手に諦めては,もったいない。(ワンガリ・マータイさん)
先生の第一ポジション。
P1050096.jpg
正しい0番の位置(小さい指だが、苦労の跡がみえますね)
P1050097.jpg

A.今日、習ったこと

1.0番は、2番の下。グゥーを握って0番を確認。C、G線は1・3・4番。A線、D線は1・2・4番
2.せっかく作った第一ポジションを、目でよく見て、移弦の際の「型崩れ」を防ぐ。移弦は脇の空け具合。
3.手首の曲がりを抑えて、A線では脇を閉めて、「大阪おばちゃんみたいに、シュッと回転」。これでボーイングが楽になる。
4.第一ポジションのままで、ADGC線を順次押さえてみよう。
5.4番以下は、全て押さえる。

B.宿題は・・・
1.第一ポジションのままで、ADGC線を順次押さえる。
2.はじいて2オクターブの音をだす

C.次回は・・・
 第一ポジションとボーイング

チェロを習って、楽しい。
「型崩れ」を目で見ないで解決しようとした私がバカでした。
出来ることを探して練習すれば道は開けるのだと教わりました。後はヤルか、ヤラナイか。
ホントにあらゆる物とあらゆる人に感謝しかない。
2015-10-31(Sat)

チェロ教室 3回目

左手、第1ポジションを教えてもらった。これがチェロの基本だそうだ。
これをもとに、G線とC線で音階を奏でるのを聞かせてもらい、見せてもらった。

教えてもらってできるかと言うと、当然できない。見るのと行動するのは、当然違うよね。
早速、帰って練習するが、進歩を実感できずに頭と、左手が痛い。

チェロって、こんな指使いをするのを知らなくて良かったと思う。
もし、知っていればチェロなんて当然、選択対象外。左手がツルし、場所を間違う。

「知らぬが仏」とも言うが、「できるかできないかでは無い。望むか望まないかなんだ。」言うフレーズが身に染みる。
ここに臨んでいる自分を発見した。
練習のつもりで音を鳴らしていると、自我流でD線とA線まで使って2オクターブの音が取れた。
これに気分を良くしたが、「目的違い」にも気づいた。今やることは何なのか?

これも幸せのひとつだろう。
じゃあ、どうするの?
約1週間練習して、対応策が浮かんだので、やってみよう。
プロフィール

半二重・片方向通信機

Author:半二重・片方向通信機
半二重・片方向通信機のブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク